北欧家具 ソファー

北欧家具をソファとして導入する

北欧家具をソファとして導入する場合の特徴について

 

北欧家具を、「ソファ」という形で家に導入する、ということを考えたとき、そこにはどのような魅力や特徴が生じるのでしょうか?

 

北欧家具としての「ソファ」は、多くのものが、「木」で出来ているという特徴があります。
これはソファに限ったことではなく、北欧家具としての特徴と言えるでしょう。

 

そのため、ひじかけなどがついていて、「木」が露出するタイプのソファの場合、かなりあたたかみがあり、どちらかというとレトロな雰囲気を漂わせることになります。
また、これは北欧家具に限ったことではありませんが、ソファは基本的には穏やかな色調で組み立てられています。

 

たとえば、落ち着いた茶色や白色、淡い緑(あるいは極端に濃い緑)などですね。
木の肘掛と相まって、北欧家具としてのソファは、かなりナチュラル系統に傾きやすい家具と言えます。

 

リビングとの親和性を考えたい

 

このように、優しい雰囲気を出せることが、北欧家具のメリットです。
しかし、「機械製品」であるテレビとの相性があまりよくなく、現代的な雰囲気を付け加えたい、と考える人もいるでしょう。

 

現在は北欧家具のなかにも、シンプルモンダンを意識しているものがでています。
手っ取り速い解決策としては、これらを選ぶとよいでしょう。

 

ただ、北欧の文化である「ファブリック」を利用することによって、ソファを現代的なものにすることもできます。