北欧インテリア、雑貨の特徴やその魅力

北欧インテリアの特徴

 

北欧インテリア、という名称は、ここ最近、よく聞くようになりました。もちろんインテリアの好みというのはひとそれぞれなのですが、硬質的なイメージをいだかせるモダンインテリアなどから脱却し、より柔らかく、より自然に、より過ごしやすく、より優しい雰囲気の中で日常生活を営みたい、というひとに愛されています。

 

このような価値観が象徴するように、北欧インテリアというのは、非常に穏やかな顔をしています。木の素材そのままの風味が感じられる家具が多く、色合いも穏やかなものが多いです。淡いブラウンなどが、北欧インテリアにおける代表的な色です。

 

 

北欧インテリアの雑貨の特徴

 

さて、そんな北欧インテリアには、もちろん「雑貨」もあります。これはどんな特徴が多いのでしょうか。

 

北欧インテリアの雑貨の場合、当然素材としては「木」を使ったものが多いです。これは家具にも言えることですが、北欧のインテリアというのは、この「木」をとても愛しているように思えます。
また、紙細工なども多いのですが、これは日本における「折り紙」とは少々違う性質をもっているので、ここも面白い点ですね。

 

陶器製品などもありますが、やはり中心となるのは、「木」です。この点にも北欧らしさをよく感じますね。当然、北欧家具との相性は良いです。北欧インテリアで部屋の中をまとめるのも、失敗の少ないインテリア配置と言えるでしょう。