デンマーク家具の特徴

デンマーク家具の特徴についてのお話

デンマーク家具とはどういうものか

 

デンマーク家具は、「北欧家具」としてまとめられて話をされます。そのため、「デンマーク家具」というのは、しばしば「北欧家具」という言葉とイコールで論じられます。ここでもそのようにして取り上げることにしましょう。

 

デンマーク家具は、「木の素材」を大切にして作られています。木の質感や手触り、特質を生かして作られており、これこそがデンマーク家具、ひいては北欧家具の代名詞となっています。

 

 

デンマーク家具が発達した理由

 

デンマーク家具が発達した理由は、「雪」にある、という専門家もいます。北欧などは雪が深く、非常に寒い土地です。そのため、家に籠っている時間が長くなる傾向があります。スイスにおける時計作りにも通じることなのですが、「家のなかで籠っている時間」を有意義に、そして快適に暮らすために、デンマーク家具をはじめとする北欧家具は進歩していったのだと考えられます。

 

現在は融雪設備なども、世界各国で見られるようになりました。しかし、デンマーク家具が誕生したこのような「経緯」は、今も綿々と受け継がれており、デンマーク家具を1つの「日常における芸術品」に高めている、と言えるでしょう。

 

デンマーク家具は、現在はモダンなもの、モダンなデザインの商品も増えています。しかし、「木」を大切にして作り上げられているところは変わりがなく、それが今は世界各地で愛されています。