北欧スタイルで作るこだわりのお部屋

インテリアを北欧スタイルで楽しむお部屋づくり

北欧スタイルの基本的な考え方

北欧スタイルという考え方も、今ではすでに日本で根付いたものになりました。
これは、「木のぬくもり」「素材」を大切にする家具で部屋を作り上げていく方法です。

 

北欧スタイルの家具というのは、それこそ数限りなくありますが、木のやわらかな風味を感じられるダイニングテーブルやコーヒーテーブルなどがその代表例と言えるでしょう。
ほかには、チェア、あるいはテレビテーブル、棚なども北欧スタイルがよく選ばれています。

 

北欧スタイルは非常にやわらかい印象であるため、カントリー風の部屋によく合います。部屋の床の色は、黒に近いダーク系統の色合いのものよりは、ナチュラルブラウンなどの明るい色合いがよいでしょう。

 

北欧スタイルを存分に生かす

北欧スタイルの家具だけを取り入れると、部屋は逆に無個性なものになってしまいがちです。

 

そのため、「布」を使うとうまくいきます。
北欧スタイルにおけるカーテンなどは、大きな柄のはいったものも多く、「普通になりすぎる」部屋にインパクトを与えてくれるでしょう。また、柄がはいっていなくてもカラフルなものも多く、部屋を引き締める効果があります。

 

北欧スタイルは、あくまで「自然と一緒に」暮らしていくスタイルが主です。
そのため、照明なども、仰々しいシャンデリアなどではなく、小さなものを選んだ方がよいでしょう。モダンなインテリアとは逆方向の「シンプルさ」を味わえます。

 

このサイトでは実際の実例や、かわいいお部屋づくりの方法などを紹介していきます。

 

 

 

 

北欧ビンテージ家具をもっと知りたい方はこちら→富裕層が選ぶ北欧風高級家具・インテリア